やさしくできなかった。

こんにちは 宮崎県在住 linolinoです。

母が80歳をすぎたところから
少しづつおかしいかなーとおもいはじめてきた。

買い物で同じものを買う。
(昨日買ったものを又買う)
水道の水がずっと流れている。
料理を作って火を消すのを忘れてこがす。
部屋の中がけむりだらけだったり。
私の携帯に何回も着信する。(用事はない)
物を毎日さがす
同じ話を何回もする
すべてがくどい。
夜中にうごきまわる。
今しなくてよいことも、すぐしてほしいと言う。
文字を書くがよめない。

するまで言い続ける。
トイレの中にテッシュをいれられない。
お風呂にはいりたがらない。
洋服に興味がなくなる。
掃除をしなくなる。
花の手入れをしなくなる。
時間がわからず、夜遅くでも電話をする。
交通事故
料理をするが味付けがわからない。
風呂のみずを止めるのをわすれる。
他にもまだまだあった。。。

今思い出すと、あのころは本当に毎日が大変で、
友達に愚痴ばかりいっていた。

母とはけんかばかり、、

なんでわたしだけ、、と、、
私の人生、、こんなにつらいのか、、
他の人がうらやましかった。

わたしも、やさしく声をかければいいと
わかってはいるがなかなか、できない。
それで自分をせめる。
おちこむ。。
これの繰り返しの毎日。

「なんで、なんで、、どうしてこうなったの
前のおかあさんは、、」

仕事で疲れて帰ってきて、、
家に持って帰る仕事も多く
体も心も私自身精神的にもぼろぼろだった。

職場にも行きたくない。
家にもかえりたくない。。

家の駐車場で車からなかなか降りる
ことができなかった。
毎日車の中で泣いて泣いて
心おちつけてから家にはいった。
体も限界で私自身も入院したり、、
入院していても家の事がきになった。

7年間。。。
7年間がんばってきたなーと今はおもいだす。
80歳から87歳まで。。

つらい時期に。。

アロマと出会い

母との関係が驚くほどよくなってきた。
アロマと出会わなかったら
私はどうなっていたのだろうか、、
ホント怖い

アロマがわたしと母の関係を良い関係に
もどしてくれた。

  お互いがいやされた。
家の中は毎日よい匂い。

自然のアロマのにおいが心を元気にしてくれた。

今考えると、
母は認知症ではなく、ただの年相応の症状
だったのかともおもうようになってきた。
アロマを使うようになって
昔のしっかりした母にもどってきたように
かんじることもあった。

アロマオイルに感謝しながら、、
母に毎日毎日アロマタッチをして
ハンドマッサージもした。

もしわたしと同じように、苦しんでいる人がいたら、
「大丈夫だよ」と声をかけたい。
  わたしができたから。

こちらの記事もよく読まれています

  1. ふたりの死

  2. 母の入院

  3. 母の笑い声

  4. 車椅子

  5. ガン宣告、私にはしてあげることがある。

  6. フランキンセンス