車椅子

こんにちは宮崎県小林市在住 linolinoです。

看護婦さんが兄を車いすに乗せて。。
「どんどん
散歩につれていっていいですよ~」

と言ってくれた。

すごくすごくうれしかった。。

命まで危なかった兄が。。

今では一人で食堂でご飯を食べている。

一人で食べている姿をみたら、涙がとまら
なかった。。

奇跡はあるんだ。

感謝しかない。

毎日アロマでマッサージ。
左手は「痛い」というけど、かたまらないよ
うに、、

「うごく、うごく」といいながらマッ
サージ。。

きのうよりも、てのひらが開いてきた。

私の手を握る力も一日一日強くなってき
ている。

うれしい。

言葉もはっきりしてきた。

早速前にいた病棟まで、車いすで散歩

知っている看護婦さんにあって、
「元気になったねー」
と声をかけられ、照れていた兄。

そのあと

 

駐車場まで出て~

外の風は気持ち良いはず。
ずっと寝たきりだったから。。

 

二人で満月を見た。

「きれいだね。。」

兄も「きれい」
と言葉で。。

そのあとは
会話せず、しばらく満月をみあげていた。

6歳離れている兄。
大好きな兄。

月を見てなみだが止まらなかった私。
まさか、こんな日がこんなに早くくるな
んて。。

 

今日の月は忘れられない月になった。

月に手を合わせて

お礼を言った。

生きているだけでいい。

そのままの兄でいい。

 

「寒いから、部屋に帰ろうね」

 

 

こちらの記事もよく読まれています

  1. 脳の違い

  2. 感謝の一日

  3. 命日

  4. 幸せホルモン~

  5. 小さいサイズのチョコレートケーキ